So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

今 私は… [2011年上半期]

110605_1050201.jpg久しぶりの更新です
(毎回このフレーズだよね)


今日は静岡県浜松市のアクトタワーにあります
アクトシティ浜松 展示イベントホールに来ています。

一年に一度の スズキワールドカップ2011の観覧にきています。


今年は震災の影響で4月に東京で開催予定だったのが延期になり、なぜか浜松での開催となりました。


東京だったら観に行くのを諦めていたけど、浜松なら私の行動範囲内なので来ちゃいました(^∇^)


楽しみ♪楽しみ♪♪

ちょびぃ 元気です。。。 [2011年上半期]

 

 おそまつ君の突然死から 早2週間。
 ようやく 落ち着きを取り戻しつつあります。

 

 サンテパルク田原で購入した 謎のブツ
 通称 ボーボー君 

 ボーボー君.JPG

 顔からも毛が伸びて 大変な思いをしながら
 ブツブツながらも 散髪 完了です[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][るんるん]

 

 芝生なのかな? 毛 というか 芽がボーボー 所かまわず生えてくること[あせあせ(飛び散る汗)]
 放っておいたら 顔半分が ボーボーになってしまったので
 断髪式=散髪をしました[決定]

 アシンメトリー的な いびつな髪型だけど、男っ前でしょ[exclamation&question]

 

 ボーボーだったからボーボー君って 単純なネーミング.....[もうやだ~(悲しい顔)]

 

 

 *********************************************************

 最近 携帯版 モバゲーの ディズニー育成ゲームに 超ハマッテマス[NEW][決定]
 ちょびぃ という名で出ていますので
 もし、ゲームをやってる方が このブログを見ていたら
 お友達申請して下さいねっ[わーい(嬉しい顔)] ブログみたょ~ って一言書いてくれたら なお嬉しい。
 最近 私の癒しどころです。。。 (ボーボー君 見ながらせかせかゲーマーしてます) 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6歳8ヵ月でした。 [月いち “おそまつ”]

 

 もう一週間以上も前になってしまいましたが。。。まだ昨日の出来事みたいな感覚です(涙)

 

 

 最近、おそまつ君の調子が悪いんです

 

 

 …ってブログにUPして記録に残そうとしていた矢先
 うちの「おそまつ君」の容態が急変してしまい
 14日(木)の夜、家族全員が見守る中、息を引き取りました。

 

 3月の終わりだったか4月のはじめだったか はっきりとした記憶はないけれど
 コツコツとくるみの殻を合わせるような音が
 心臓の鼓動と連動して鳴っていることに気付き
 文鳥の本やインターネットなどで 毎日必死に調べてました。

 

 コツコツ = プチプチ音 は下部気道炎 という病気にかかったのかな?と疑いを持ち始め 
 病院に行かなくちゃね~ とお気楽に構えていました。
 この時 すぐに病院に行っていれば 少しは延命できたのに悔やまれます。

 

 プチプチ音と同時に 止まり木から滑って落ちるようになるときがあり
 「年をとったから仕方ないね~」 とお気楽に思ってました。
 今思うと お腹が腫れてきたから バランスが取りづらかったんでしょうね。

 

 毎日何度も おそまつ君の観察は していました。
 アイリングは?羽根の調子は?ツヤは?足の色は?目はにごってないか?
 怪我してないか?エサは食べているか?水は飲んでいるか?などなど

 

 見た目は健康そのものだったんです。
 打撲、骨折も無く、白内障でもなく、
 体重も27g で正常範囲でした。
 ただし、この体重測定した日(14日)
 そのう (人間でいう胃の部分) に全くエサが入っていない状態だったんです。
 食べているフリ、元気しているフリをしていたみたいです。

 

 調子が悪くなる前までは 小松菜もミカンもリンゴもたくさん食べてました。
 水浴びも日光浴もたくさんしてました。お歌もしっかり歌い、お返事も ちゃんと受け答えしてました。

 

 

 本当に見た目は健康そのものだったんです。

 

 

 数日前から 朝昼夜 ところ構わずよく寝るようになったので
 どうしたのかね?老鳥 は よく寝るようになるって本に書いてあったし
 これが普通かね? と 家族で話してたんです。
 

 ところが 4月12~13日にかけての夜中
 バタン と急に落ちる音がしたので
 また止まり木から落ちてるな と小屋を覗いたら
 おそまつ君が 倒れてました。身体が硬直してました。

 

 ビックリして 慌てて抱き上げ 「 ピー君!ピー君!」 と声をかけたら
 気を取り戻し、普段 母以外 触らせない 身体を触ってる私の指を思いっきり噛みました。
 噛まれて痛かったけど、心の底から嬉しかった!
 初めて身体(羽根や頭)を触れたので嬉しかった!

 

 でも この時の衝撃は 今でも忘れられません。
 まっすぐ一直線な状態で倒れていたんです。
 足の指もぎゅっと握られていて 硬直してました。

 

 助かったのが奇跡だったのかもしれません。
 私ひとりが 夜更かししていたため 偶然 気づくことが出来たので
 そのときは何とか助かったけど
 その状況を見た時点で  というものを受け入れたくなくても
 受け入れなければいけない時期がやってきたんだなと 深く思ったんです。

 

 

 倒れた次の日(13日) 調子が良い時と羽根を広げて丸まって悪そうな時の
 差が極端でした。この日は仕事があって病院に行けなかったため
 おそまつ君に 「 明日病院に行こうね 」 と言い聞かせ
 保温をしっかりして寝かせました。

 

 この日から 歌を全く歌わなくなり
 亡くなる日までの2日間で お返事は2~3回しか聞いてないと思う[もうやだ~(悲しい顔)]
 体力のいる ピー という鳴き声(お返事)
 元気なフリして頑張って返事したんだね…[もうやだ~(悲しい顔)]
 
 真夜中すぎまで様子が気になって眠れず、私が寝不足ぎみでした。

 

 

 14日、仕事が休みだったため 病院へ行こうと思ってた矢先
 昨日までの様子とは一変し、終始 羽根を膨らませ丸くなり全く動きません。
 苦しそうな息遣い プチプチ音が大きく、呼吸が速くなっています。


 私自身が少し寝坊してしまったので朝の状態がわからず
 両親に状態を聞いたら エサも食べ、水も飲んでたよ。といってました。
 (後から食べたフリ、飲んだフリだってことがわかりましたが)
 急激に悪化した様子です。

 

 慌てて文鳥も診てもらえる動物病院に電話し、すぐに連れて行きました。
 (あらかじめネットで探しておいたので 電話番号も場所も控えてありました)
 

 

 病院では、40分くらい待たされたあと診察室へ入りました。
 この時 私は終始 号泣してました。。。
 先生に状態を説明した後、フンの状態をみてもらい、触診しました。
 仰向けにして お腹を見たらパンパンに張っていました。
 仰向けにする時、病院の先生の指に噛み付いてました。
 この時は抵抗するだけの元気が少しありました。
 

 お腹を見て 先生が
 「 肝臓が肥大し、腹水が溜まり お腹がパンパンですね。これが一番気になります。」と言いました。
 「 非常に危険な状態だと思った方がいい 」 とも言いました。

 
 しっかり原因を知りたかったので、レントゲン写真を撮ってもらいました。
 

 
 プチプチ音の原因は そのう (人間でいう胃の部分) に
 空気が入っていれば黒く見えるが、黒い部分が少ないので
 酸素が取り入れにくい状態だ と教えてくれました。
 白いモヤみたいなのが そのう全体に写ってました。
 あと、内臓全体が尻尾側 に下がっている。
 機能自体はそんなに問題ではないが
 やはり、肝臓肥大と腹水が関係している(悪化の原因)のでは?と言いました。
 

 この時 すでに私は号泣状態だったので
 聞き間違えだったら ごめんなさいだけど
 少しも もらさず聞き取ろうと思っていたので間違えてはいないと思うが
 (まわりクドくて すみません) 

 病院の先生の言い方が?????って泣きながら思ったので
 ありのまま 書きます。

 

 「入院も出来るけど、入院中に死んじゃうとね~」 (死に目に会えないと嫌だよねって感じの言い方)
  

 「(死ぬ)可能性が大きいので 薬を出すから家に帰って様子をみましょう。」
 (ここで死なれても病院側も困るってさりげなく言ってました) 

 

 死ぬ という言い方は 無いだろう。 せめて “ 亡くなる  ” って言うのが普通じゃないの??
 って 号泣しながら 思ったんだけど、 私だけが過剰反応しすぎなのかな??

 

 「 腹水を抜く手術もやろうと思えば出来るけど
 フィンチ系、オウム系の鳥やエキゾチックアニマル系は
 犬猫とは違って小さいからねぇ… 難しいんだよ 」  (と言い訳なのかな?)
 手術したくないって感じを回りくどい言い方で言われてしまった。

 最後に 「 ここ数日間がヤマでしょう 」  とも言われました。
 もうダメだな と思いつつも、少しの望みをかけて次回の予約を取りました。 

 

 まぁ、はっきり言ってくれるのは良いけど、もう少し言い方を考えて欲しいなと
 号泣しながら 思いました。 いくら設備がよくてもねぇ………

 

 グチついでに 
 受付が限りなく最悪だったなぁ あの病院。。。
 
 電話した時も コール7回目でつながったけど
 本来ならば 「お待たせしました。 〇〇動物クリニックです」 って言うのが普通なのに

 「はい・・・・・」 だけでした。 普通のお宅に間違い電話したかと思っちゃった。
 2回 ここに電話する機会があったんだけど 2回目もコール8回目で電話に出て
 「はい・・・・・」 全く同じ対応でした。 しかも投げやりな対応。 思い出すだけでイラっとくる。

 

 診察終わってから、受付は 人が常時2~3人いるのにもかかわらず
 薬をもらうまで40分かかりました。
 その間 ジー............っと 受付を終始見てたんだけど
 暇そうな受付の姉ちゃん カルテらしきものを見たかと思えば
 すぐにその場において ボーっとして を 繰り返し繰り返し40分。
 何やってんだか。。。

 

 きっと また ペットを飼っても ここの動物クリニックには 来ません。
 遠くても他に行こうと心に誓いました。

 

 お家に帰ってから 暖めて暖めて 暖めて… 
 とにかく 保温して、 薬を水に溶かして さりげなく飲ませて…
 おそまつ君が少しでも楽になるように 頑張ってみました。

 

 あいにく私が その日に限って夜に用事があったので
 急いで用事を済ませ、帰宅しました。

 

 帰ったら、家族全員が 「危ない状態だよ」 といって集まってました。
 私が出て行ったあと、 つぼ巣に入れようとしても入りたがらず
 何度も つぼ巣に戻そうとしても戻らずに手の中に入ってきたそうです。
 最後に 甘えたかったのかな?
 最後の最後まで 母の手の中にいました。
 本やネットで 小鳥の体温は人間より高いから
 手のひらにいると 逆に体温を下げてしまうので、弱っているときは注意 と
 書いてあったので、 一生懸命 手のひらを温めて それから おそまつ君を包み込んでました。

 

 エサを全く食べなくなったみたいなので 薬入りの お水を 飲ませ
 ねりエサを作り 食べさせていました。
 逆に ねりエサの粘りが 呼吸困難にさせてしまい、死の原因となってしまいました。
 私たち素人の勝手な判断ミスで
 おそまつ君の 寿命を縮めてしまいました。 悔やんでも悔やみきれません。

 

 母が道路でバタバタしていた おそまつ君を見つけ、拾ってきてから6年8ヶ月。
 以前から 小鳥が飼いたくて 両親に言っても何度も却下されてたから
 とても とても出会えて嬉しかった。 
 6年8ヶ月って 長いようで短いようで。。。 でも楽しかった。嬉しかった。
 お歌もダンスも お返事も とっても上手に出来ましたね。
 家族が居ないときに外に出すと 肩に乗って 寄り添ってきましたね。
 何度も噛み付かれて痛かったけど、かわいかった。
 本当に ありがとね。 本当に出会えて良かったよ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

天気のイイ休日は… [気ままな近場]

 4/11 月曜日 

 お休みを頂いたので 愛知県田原市にある 「サンテパルク田原」 に行ってきました[NEW]

 

 名前は知ってたけど、行った事がなくて
 平日なら人が少ないかな~?と思って行ったら 意外と人が多かったよ。
 昼ごろには駐車場がほぼ満車でした (といっても50台くらい止めれるかな?)

 

 4月11日 サンテパルク田原.JPG

 写真小さくなっちゃったけど
 チューリップ祭りでした[ひらめき]

 

続き読んでみて


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤラセ無しの天然物 ^^♪ 野菜編 [気に入りィ~♪]

 

 

  4月に入ったある日、我が家で偶然見つけたんです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。